「輸入住宅」 一覧

組み上がった!・・・高級感溢れる北米階段

北米階段の特徴として、デザイン性が良いのはもちろんですが、バラバラに入ってくる材料を一品一品現場で組み上げなければならない大変な作業が伴います。 親柱を立てた後に手摺を取り付けて、最後にアイアンバラス ...

完成まで一カ月と迫った、鶴岡のアメリカンハウス

工事中の様子を再三ブログでもお伝えしてきた「アメリカンスタイルの家」が、完成までようやく一カ月となりました。 昨年11月からスタートした工事は年末の大雪で屋根工事に遅れが生じ、全体の工程にも影響が出た ...

階段吹抜けも大事な魅せ場として考えたい!

階段吹抜けを大きくするか、小さくするかはお客様にとってはとても大事な要素。 階段上が大きな吹抜けになっていれば解放感が生まれやすく、逆に小さければ二階床を有効に使えるという利点が生じます。前者が良いか ...

足場が外れた鶴岡のアメリカンハウス

外壁工事が終わり、足場が外された。カバードポーチの手摺とか床仕上げがまだのため瀟洒な外観が全て見えるわけではないが、家全体の雰囲気を今日は感じとっていただきたい。 ホワイトアイボリーのラップサイディン ...

見えてきた!アメリカンハウスの外観

アメリカンハウスと言えば、ラップサイディングの外壁が定番。鶴岡市某所のA様邸は妻飾りがまだ取付になってはいないものの、外壁部分はほぼ出来上がっている。 外観の他の特徴としては、正面側のカネ勾配の屋根と ...

思い描いたのは、アメリカ西海岸の外観イメージ

鶴岡市某所で工事中のアメリカンハウスは、屋根工事が完了し外壁工事に進んでいる。 下から一枚一枚重ね張りしていくラップサイディングは、幅が160mmで厚さが14mm。出来上がりの見栄えがとても良く、重厚 ...

暖かさが違う!トリプルガラスの樹脂サッシ

12月の大雪で年明けも更なる大雪にビビッていたが、不安とは裏腹に寒波も遠ざかり、この時期にしては気温も高く、雪解けが急速に進んでいる。 お陰でアメリカンハウスの屋根工事は一気に進み、一番の難所の急勾配 ...

「アメリカンハウス」の建て方3日目

建て方(フレーミング工事)3日目に入ったアメリカンハウスは、早いもので外観の姿が見えてきた。 連日の雨にも拘わらず、大工さん達の頑張りによって精悍な外観がお披露目できた。ご苦労様でした。 アメリカで生 ...

鶴岡で工事が始まる「アメリカンスタイルの家」にご注目あれ。

「アメリカンスタイルの家」は工事前の打合せが佳境に入っている。今日は、外壁や屋根の外装色と、床材や各種設備機器等の内装色の最終打合せに時間を要した。 鶴岡市某所で計画中の建物は、50坪近い床面積のビッ ...

性能面だけでなく、デザイン性にも優れた、トリプルガラスの樹脂サッシ

家の断熱性能を見極めるポイントの一つに、「窓」がある。(家の断熱性を計算する上での重要なポイントは「断熱材」と「窓」であるが、本日のテーマは「窓」に絞ってお話ししたい。) 家の開口部分は外気の影響を受 ...

Copyright© J・クリエイティブ BLOG , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.